カードローン審査

どんな審査をするのか徹底解明!

カードローンの審査に通れるか不安だという人、特に初めてお金を借りようと考えている方に是非知ってもらいたいことがあります。それは審査なんて実際には大したことはないということです。

例えばあなたが申込を行なったとします。するとカードローン会社はまずあなたの金融取引の実績を調べるために個人信用情報機関へ問い合わせます。次にあなたの年齢や職業、家族構成を元に分類する属性モデルの審査をします。

そして最後にそれらの情報とあなたが提出した申込用紙の内容がちゃんと合っているかの確認をとります。具体的には電話番号や住所、勤め先の確認です。審査はこれで終わりです。

ここで覚えておいて欲しいのが個人信用情報機関へ問い合わせについてです。これは上でも言いましたがあなたのこれまでの金融取引についての履歴を確認する審査です。

すでに沢山の借金がないか、過去に踏み倒していないか、といった点を確認したいわけです。つまり今までに金を借りたことのない方には関係がないんです。

そしてこの審査は今までにお金を借りたことのある方でもきちんと返済を行なっているなら「きちんと返済のできる人だ」と評価されプラスの材料にすらなります。審査はあなたにお金を貸しても大丈夫かどうかを判断するわけですから、これは大きなポイントになります。

あとは属性モデルの審査でいくらまでの融資が可能かが決定し審査は終わりです。ただ1つだけ気をつけて欲しいことがあります。

それはカードローン会社はウソを嫌うということ。あなたがきちんと返済できる人だと信用してお金を貸すわけですし、申込の時点でウソをつく人にお金を貸すことなんてありえませんよね?

そして仮にあなたにウソをつくつもりがなかったとしても、申込記入内容に間違いがあればウソだと思われてしまうこともあるので、申込をする時はくれぐれも慎重に記入してください。

カードローンの決定版!まともでしっかりした会社はここだ!


カードローン会社を選ぶ時に気をつけて欲しいこと!

カードローン会社は世の中に沢山あって、その中でもできることならお得に借りたいのが本音です。そしてその沢山のカードローン会社はそれぞれ、金利が安かったり最大融資額が大きかったり審査が早く即日で借入できたり無利息キャンペーンなどのサービス行なっていたりと、どこも魅力的で迷ってしまいます。

ただそういった中には法外な金利を取る違法業者も少なからず存在しています。そういった怪しい会社は審査面の甘さを売りとしていることが多く、無職の方や専業主婦の方は特に注意が必要です。

なぜかというと総量規制の適用により年収の3分の1までしかお金は借りることができなくなりました。そこで収入の無い無職の方や専業主婦の方が、こういった悪徳な業者の「審査は一切ありません」などの謳い文句に騙されてしまうことが増えているようです。

そういった会社に引っかからない為にもカードローン会社を選ぶ時は、運営企業がしっかりとしている大手カードローン会社を選びましょう。大手だから審査が厳しいなんてことは決してありませんし安心してお金を借りられます。そして無職の方や専業主婦の方は銀行系カードローンを狙ってください。

確かに収入の無い方ではお金を借りることは難しいかもしれません。しかし銀行系カードローンなら総量規制が適応されません。つまり収入のない方でもお金を貸してくれるんです!

間違っても上に書いたような怪しい会社で金を借りないようにしてください。騙されてしまって後悔することになるのはお金を借りるあなた自身です。

損をしたくない人だけ必見の3社!


私の知人と同じように行動したらカードローンを使っても追いつかない

宮城県在住 E.Oさん(39歳)

私の知人にはセレブな人がいて、その人とは昔からの付き合いなのです。親友とも呼べるような存在ですけども、彼と一緒に遊んでいると本当に住んでいる世界が違うというか、全然金銭感覚も違うんですよね。遊びについても違いすぎてちょっと戸惑ったりします。

彼は元々医者の家系ということもあって、今も開業医をしているんですけど、やはりお金持ちなんです。だから休日になったら遊びに行ったりするわけですが、そういう時に彼はお金を使います。私達が行けないような寿司屋に行ってご飯を食べたりするのは当たり前で、家で飲むときも見たこともないワインを空けてくれます。

一応私も親友で彼にばかりお金を払わせるのも良くないなと思って、お金をだそうと思うのですが、彼のペースに合わせたら、すぐに破産してしまいます。おそらく3回遊びに行ったら私の給料をすべて使い果たしてしまうくらいなのです。

もしここで無理してカードローンを使っていたら、審査できなくなるくらい借りないと行けなかったかもしれません。最初は考えたことがあるんです、カードローンの審査をしてお金を用意して、彼に負担をかけないようにしたほうがいいのではないか、それが親友なのではないかと。

でも1度カードローンの審査に行って半分割り勘にしただけで、一気に私の財布の中身が寂しくなったのを覚えています。彼は「おっ、珍しいな。別にいいぜ、無理しなくても」と言ってくれたので、次の時に正直にカードローンの審査をしてまで借りたことを話したら「だから無理しなくていいって」と笑っていました。

まぁ悔しい気持ちもあります。同じ男でこれほどまでに収入に差を付けられたらさすがにプライドも傷ついたりはします。といっても彼の場合はそこまでではないのは、もう親友だからかもしれませんね。